HBS 北海道美容専門学校 | 美容専門学校 | 日本の美容資格&スクールNavi

HBS 北海道美容専門学校| 美容専門学校 | 日本の美容資格&スクールNavi

HBS 北海道美容専門学校

北海道美容専門学校

エステティシャン美容師(ヘアスタイリスト)美容部員(ビューティーアドバイザー)その他

「きちんとスキルを修得しても、就職先を上手く見つけられなかったらどうしよう」「信頼できる専門学校はどこだろう」そんな不安やお悩みを抱いている方におすすめなのが北海道美容専門学校です。
本校は1万5000人以上の卒業生を輩出しており、資格試験は毎年全国トップレベルの合格率を維持しています。それは71年間で培ってきた信頼と実績、そしてオリジナルの対策授業の実施により支えられているもの。他の専門学校ではできない、生徒一人ひとりに合った指導がこの就職人数と合格率を可能にしています。
こうした就職人数・合格率の実現が可能なのは例えば、全国のサロンや企業が来校する「サロン説明会」が開催されていること、クラス担任制で細やかな指導が可能なこと、マンツーマンで面接指導を行える体制があることなどが挙げられます。
充実した制度があり、各サロンや企業から信頼のおかれている本校で学べば知識・スキルが身につくだけでなく、将来あなたが実際に活躍するサロンを見つけることも可能です。あなたも理容師・美容師として北海道美容専門学校から羽ばたいていきませんか?

専門学校の情報

スクール名 HBS 北海道美容専門学校
学部・学科・ コース・専攻 美容科(インターナショナルカットコース、ブライダルコース)
ヘアメイク科、ビューティーエステ科、美容科(通信課程 )
所在地 〒0600063 札幌市中央区南3条西10丁目
アクセス 地下鉄東西線”西11丁目駅:3番出口”より 徒歩 約4分
地下鉄南北線”すすきの駅:2番出口”より 徒歩 約8分
市電”中央区役所前”より 徒歩 約2分
目指す仕事 スタイリスト、ブライダルビューティープランナー、美容師、ヘア&メイクアーティスト、エステティシャン、美容部員
コース名1 美容科
コース名1説明 美容師の基礎から「キレイ」を提供するトータルビューティーまで身につける。
1年次には、美容師の基礎からメイク、エステ、ネイル、着付などを幅広く学習し、キレイを提供する技術とセンスを磨きます。
2年次には、2つのコース(インターナショナルカットコース、ブライダルコース)に分かれ、より専門的に学んでいきます。

スタイリストやブライダルビューティープランナーとして活躍するための美容をトータルで学んでいく。

入学前納入額合計
通常 813,000円
学費分納プラン 426,000円
総額2147000円

コース名2 ヘアメイク科
コース名2説明 ヘアメイクからファッションまで学びトータルコーディネートできる技術をマスター。
ヘアメイクの技術を磨くと同時に、そのメイク・ヘアアレンジをより効果的に魅せるファッションや撮影方法も学ぶ

入学前納入額合計
通常 892,000円
学費分納プラン 505,000円
総額2288000円

コース名3 ビューティーエステ科
コース名3説明 心も体もキレイにする最上級の技術とおもてなしの心を磨きエステのプロを目指す。
サロン現場と同様の機器を使ってプロのエステティック技術を少人数制で学びます。
また、コミュニケーション&カウンセリング力も身につけ、ハイレベルな技術とおもてなしの心をもったエステティシャンや美容部員を目指します。

入学前納入額合計
通常 809,000円
学費分納プラン 413,000円
総額2122000円

受講生の声

  • 河嶋 希さん
    [札幌東商業高校出身]

    ヘトヘトになりながらも全力で楽しんだ学校生活と下積み時代。
    nonno、mini、seventeen…。中学生の頃夢中になって読んでいたファッション誌のヘアメイクを今自分が手がけているのは、本当に夢のようです。ヘアメイクアップアーティストを目指すようになった中学生の私は、「高校へ行かずはやくヘアメイクさんになりたい!」と思っていました。けれど調べていく中で、メイクと同時にヘアスタイリストを行うので美容師としての経験も必要だと知り、高校卒業後はHBSへ入学。はじめから東京での就職を考えていたので、授業後はアルバイトをしていました。帰ってから夜中にワインディングの練習をすることも多かったですね。とにかく目まぐるしい2年間でしたがヘアショーやコンテスト、国家試験など、好きなことに打ち込める環境があったおかげで技術面も精神面も成長できたと思います。卒業してからは1年間美容師としてサロンに勤め、その後プロのヘアメイクアップアーティストの方に師事。約2年間のアシスタント期間を経て、デビューしました。初めての雑誌のカバー撮影は「CanCam」。店頭で並んでいるのを見たときは、本当に胸がいっぱいになりましたね。現在は女性ファッション誌を中心に広告や写真集、イベントやテレビなど、さまざまな媒体でヘアメイクをしています。

  • 山本 修史さん
    [札幌英藍高校出身(旧:札幌篠路高校)]

    時代は変わっても求め続けられる美容の技術は一生ものの仕事。
    美容師という仕事を通じて、お客様とのたくさんの出会いや、その他に撮影やショーのステージでも様々な職業の方と触れ合い、自分を成長させてくれました。学生時代、仲間と作り上げたヘアショーや、コンテストに出場し人前で披露した経験はとても励みになりましたね。どんなに時代は変われど、求められるサービスや技術の追求に終わりのない仕事。とても夢のある職業だと実感しています。

  • 田畑 蓮奈さん
    [札幌あすかぜ高校出身]

    学生時代の努力が今の私を支えてくれる
    昨年HBSを卒業し、ずっと憧れていたSHIMAに就職しました。今は1日もはやいスタイリストデビューを目指しています。練習はもちろんですが、自分のファッションやヘアをインスタで発信することにも力を入れています。インスタを見たというお客様からシャンプーのご指名を頂けることもありますよ。毎日の商品撮りやヘアアレンジ、SNSでの発信など、学生時代からの積み重ねが今の私の自信になっています。

  • 田中 慧さん
    [旭川西高校出身]

    自分の夢に、責任を持って学ぶ。そう決めた2年間でした。
    リニューアルしたばかりの「ivory」でも、サロンとして大切にしていることは変りません。お客様がここで過ごす時間が上質なものであるように。それを実現してくれているのがスタッフのチーム力です。「ivory」らしい空間を作ろうと思ったら、意図せずにHBS出身のスタッフが多くなりました。学校での2年間はあっという間。やり抜くには強い意志が必要です。美容師は人に誇れる素晴らしい職業ですから、自信と責任を持って学び、どうか夢を叶えてくださいね。

  • 杉崎 秀弥さん
    [東海大学付属札幌高校出身]

    技術が認められて芸能人の方のヘアも担当しています。
    HBS卒業後エアーグループに入社し、今では店長としてお店全体の管理もしています。10年以上お付き合いのあるお客様もいて、その人の人生に関われることは、やりがいの一つですね。様々な経験を積み、モデルさんやタレントさんからのご指名を頂けるようにもなりましたが、今でもHBSで教わったマナーやレベルの高いカット指導が私のベースにあります。

  • 日置 奈々さん
    [札幌啓北商業高校出身]

    お客様の想いをかなえられるのがこの仕事の魅力です。
    ブライダルに興味があったので 、着付なども学べるHatsuko Endoに入社しました。常にお客様の気持ちを考え、一人ひとりに合った接客を心がけています。そして、綺麗になったお客様の幸せそうな表情を見たとき、この仕事でよかったなと感じられます。学生生活も一生懸命過ごせば、卒業後の選択肢が広がると思います。

  • 池田 奈美さん
    [紋別高校出身]

    さまざまな美容を学んでいくなかでアイラッシュスタイリストの道を選びました。
    HBSで学ぶなかで目元の美容を扱うアイラッシュスタイリストに興味を持ちました。そんな私に声をかけてくれたのが、講師だった現在のサロンオーナー。アイラッシュスタイリストとして就職でき、今はまつ毛エクステを専門に行なっています。HBSでの出会いが、私の夢を後押ししてくれました。

  • 佐藤 智瀬さん
    [札幌月寒高校出身]

    自分の手でお客様の幸せをつくる。それが、私の幸せ。
    LIPPSは、雑誌でスタイルを見てからずっと憧れていたサロンでした。ここでやりがいを感じるのは、お客様から「今までで一番いいです」といったお喜びの声を頂けたとき。HBSでの仲間と切磋琢磨した日々や先生の親身な指導があったから実際の現場でも頑張れています。

  • 橋本 紗希さん
    [当別高校出身]

    メイクで変われる喜びをたくさんの人に伝えたいです
    長年ファンだったADDICITIONに入社し、商品の魅力やメイクの楽しさを伝えています。メイクをしたことがないというお客様に喜んで頂けたときは、お客様以上に嬉しい気持ちになりますね。トレンドを研究しながら毎日色んなタイプのメイクを施すので、ずっと腕を磨ける仕事だと思います。

北海道 美容専門学校